バイナリーオプションではFXや株等と少し違い、

自分の賭けた方向に対し成功、失敗を判定する投資です。

その為、値幅による利益ではなく、

単にペイアウト率と勝率の2点に掛け金を考慮したものが

そのまま利益として反映されます。

つまり、ペイアウト率から損益分岐点となるパーセンテージや、

勝率による資金の増え方は容易にわかります。

HighLowでは、スプレッド取引が2.0倍、

その他の取引は2.0倍以下になります。

通常のHighLow取引やターボ取引を行う方は、

実際にどこが損益分岐点になるかを理解し、

有利な取引をしていく方法を考え無ければ、勝ち続けることは不可能と言えます。

以下に各ペイアウト率における損益分岐点と

掛け金による利益の期待値などを記載しますので、

良ければ参考にしてください。

ペイアウト率と損益分岐点

ペイアウト率というのは、掛け金に対し成功報酬が何%であるかを示します。

HighLowでは基本的に

高倍率とされる1.88倍や1.9倍の取引や

スプレッド取引における2.0倍取引などがあります。

1.88倍の場合、掛け金に対し88%のリターン、

2.0倍であれば100%のリターンであることを示します。

このように取引方法などにより、

ペイアウト率が異なるバイナリーオプションでは

取引方法により損益分岐点が異なります。

損益分岐点とは、簡単に言えば、

利益と損失の分かれ目を示す点のことです。

バイナリーオプションは良くトランプのHIGH&LOWに

例えられることがあり、

一見すると2分の1というイメージがあります。

しかし、相場というのはそんなに単純ではないということは

トレードやバイナリーオプションを経験したことがある方は

お分かりいただけると思います。

しかもペイアウト率が2.0倍以下の取引が多い!!

この点はトレーダーにとってやや不利な状況であることは、

最低限理解しておいた方が良いでしょう。

損益分岐点の論点からすれば、ペイアウト率が2.0倍であれば

フィフティー・フィフティー(50:50)が成立する点であり、

言い換えればユーザーにとって2.0倍以下は不利、2.0倍以上が有利となる点です。

HighLowで利益を出していく為には?

HighLowで利益を出す為に必要な勝率は、

 

HighLow取引で54%以上となります。

つまり、ほぼ五分五分の状態から少し勝ちを優勢にするだけ充分です。

もちろん高勝率で圧倒的に勝ち続けることが理想ですが、

それにはそれ相応の努力も必要です。

しかし、まず、損をせず、かつ少額でも増やし続けるという点においては

60%の勝率があれば充分ということを考えれば、あまり深く考えず

2勝1敗、3勝2敗を目標にすればいいのです。

100戦して60勝40敗で20戦勝ち越しと考えると難しく聞こえます。

だからこそ現実的にわかりやすい、2勝1敗や3勝2敗を作り続ける方が

いいということです。

3勝2敗を繰り返せばいずれは60勝40敗になりますので、

そもそもそんな大きく考える必要がないことは

冷静に考えれば誰しも把握できるはずです。

しかし、人は欲深い生き物です。

そこに利益が絡むだけで冷静さを失う生き物…

 

例えば、1万円を手に入れる喜びと、1万円を失うときの失望は、

どちらも同じ1万円ですが、多くの人は「失う失望」の方がはるかに

大きな出来事に感じます。

このような、心理的傾向を、

行動経済学では「プロスペクト理論」といいます。

http://arco-baleno.biz/2019/09/07/post-362/

ですから、利益ばかりに目を向けるのではなく、根本的な部分から

『利益を出す為に必要な勝率とその工程』

を考えてバイナリ―オプションに取り組むことを心がけましょう。

このように、バイナリ―オプションではペイアウト率が、

資産を増やし続けるにあたっては、非常に重要になることを

理解いただけたのではないでしょうか。

そういう意味でも、HighLowはペイアウト率が

非常に高いですし、有利な状況で取引を行えます。