投資トレードで安定した勝率を維持するためには、

「チャート分析」をすることからは絶対に避けては通れない道です。

この部分が、多くの人が投資は難しいと感じる原因であると考えています。

 

ですが、時間をかけてでもしっかりと理解することは、

スポーツでいうところの日々の練習にあたる部分だとも言えますから、

少しづつでも知識を増やしていきましょう。

投資における分析とは

投資には主に、

ファンダメンタル分析とテクニカル分析とよばれる分析方法があります。

2つの分析手法をざっくりと説明していきます。

まず、ファンダメンタルズ分析とは、

世界や各国の経済情勢、個々の企業の業績や財務の状況をもとに、

それらの本質的な投資価値を見極め、

投資対象としてどれだけ期待できるのかを判断するものです。

たとえば、世界や個別の国のファンダメンタルズを分析する場合には、

経済成長率(GDP=国内総生産)の推移や物価上昇率、失業率(雇用統計)、

財政収支、経常収支などといった指標をモノサシに用います。

企業の場合は四半期ごとの決算結果や月次の売上報告、バランスシート(B/S=貸借対照表)

などに注目し、ファンダメンタルズが良好か否かを判定しています。

一方で、テクニカル分析とは、

価格や各種指標の推移を記したチャートを用い、

過去におけるそれらの法則性に着目して、

今後の相場展開を推察するものです。

先にも述べたファンダメンタルズは度外視し、

チャート上に出ている情報のみで判断を下します。

テクニカル分析では、今後も過去に繰り返してきたパターンと

同様の展開となるという前提に基づいて今後の展開を予測します。

価格が過去と同じ道筋を辿りやすいのは、

チャートに注目している投資家が非常に多く、

それまでの展開について強く意識しているからです。

価格は、投資家たちの意思決定によって決まるので、

価格と売買高が記されたチャートは、投資家たちの意思決定の足跡

であると言えるでしょう。

ゆえに、チャートを調べていけば、

投資家が「買われ過ぎの水準」と思っているのか、

あるいは「売られ過ぎの水準」と思っているのかを

ある程度知ることができます。

チャートによって将来の価格水準を予測し、

効率的な売買タイミングを知ろうとするのがテクニカル分析なのです。

テクニカル分析のメリット

テクニカル分析のメリットのひとつは、

短期的な変動の予測に役立つことです。

チャートの形状やテクニカル指標の値をもとに、

短期的なトレードするための客観的な判断に役立てることができます

 

株式投資では、どうしても主観が邪魔をして、冷静な判断ができないことがあります。

「この会社の社長は人柄がよく、きっと株価も上がるはずだ」と思ったとしても、

チャートがあきらかに買う時期でない形状をしていれば、一旦立ち止まって冷静に考えることができます。

 

「社長がいい人だから」というのは、実際の株価の動きに対しては何ら根拠のない主観に過ぎません。

そういうときに、テクニカル分析は客観的な評価を得る手掛かりとなります。

 

反対に、チャートの見方を知らないと、勘などの当てずっぽうに頼ることになりがちです。

それでは、一度失敗しても、理由がわからないままで次に進むことになり、

また同じ失敗を繰り返してしまうかもしれません。

 

長期的な予測は難しくとも、短期的な変動の予測がある程度できれば、

勝率を少しでも上げることができます。

機関投資家と同じ土俵に立つことも可能

テクニカル分析のもうひとつのメリットは、

個人投資家と機関投資家との情報の取得スピード差が小さくなることです

 

機関投資家は、個人投資家に比べて会社の財務情報を掴むスピードが格段に早いです。

様々な情報源をもっており、会社の決算内容などの情報はいち早く手に入れます。

 

一方で、個人投資家に入ってくる情報はどうしても一歩遅れたものとなり、

その意味で、機関投資家よりも個人投資家は不利と言えるでしょう。

 

しかし、テクニカル分析では、株価というデータをもとにしているため、

個人投資家も機関投資家と同じ情報を、同じタイミングで得ていることになります。

 

株価は誰もがリアルタイムの見ることのできる共通データですから、

分足でのローソクチャートを確認していけば、機関投資家と同じ土俵に立つことができます。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析のデメリットとして挙げられるのは、心理的なコントロール力が必要になることです

テクニカル分析では短期トレードになることが多く、仕掛け後の値動きに動揺して、

精神が乱されてしまうかもしれません。

 

特に、デイトレーダーのように日に何度も売り買いをするには、相応の精神力が必要です。

 

さらに、自分の思った通りの値動きにならない場合は迷わず損切する必要もあり、柔軟な姿勢も求められます。

 

テクニカル分析に絶対はありません。チャートの有効性についても絶対というものはなく、

また、テクニカル分析の解説書もうまくいった例を載せているだけで、

そのパターンが100%当てはまるというわけではありません。

 

テクニカル分析を活用するのであれば、自分自身で繰り返し経験を積み、何度も検証する必要があります。

 

テクニカル分析が向いているのはこんな人

このように見てみると、テクニカル分析が向いているのは、

辛抱強く何度でも検証することができ、失敗しても落ち込まない、

あるいは、それを失敗だと思わない人ではないでしょうか。

 

心理的なコントロールができないと、テクニカル分析で勝ち続けることは難しいです。

たとえ失敗しても淡々と損切りを行い、なぜ失敗したかを冷静に分析・検証できるドライスティックな人ほど、

テクニカル分析が合っていると言えそうです。

 

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、

財務状況や業績をもとに企業の本質的価値と市場価格とのギャップを分析する手法です。

PERPBRROEなどが代表的な指標として使われます

 

企業の本来あるべき価格がいくらなのかを割り出し、現在の株価がそれよりも安ければ割安、

高ければ割高と考えます。そのうえで、基本的には割安のときに購入し、

将来的に企業価値に見合う価格まで上昇するのを狙う、というのがファンダメンタルズ分析の考え方です。

ファンダメンタルズ分析のメリット

ファンダメンタルズ分析のメリットは、

短期的なトレンドに惑わされずに判断ができるので、心のゆとりをもつことができる点です

 

テクニカル分析のように短期的なトレンドを中心にすると、

先ほど述べたように、精神のコントロールが求められます。

 

しかしファンダメンタルズ分析では、長期投資になることが多いため、

短期的に株価が下がっても、いずれまた上がるまで「待つ」ことができます。

 

また、どんな企業であれ、時には不祥事や大きな事故に見舞われることで、

株価が大きく下がる局面も訪れます。もちろん全ての企業がそうなるわけではありませんが、

そのような時こそ、ファンダメンタルズでは買いのチャンスです。

 

高い価値があるはずの企業の株価が、事故や国の政策などで大きく低下していれば、

割安の状態で購入することができます。

 

そして、いずれ企業本来の価値に近づいた時に売却をすれば、その差額が利益となります。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析のデメリットは、個人投資家と機関投資家との情報の取得スピード差が大きいことです

割安と思って購入した株が、情報の取得が遅かったせいで、

実は割高で掴んでしまった……という失敗になる可能性があります。

 

また、チャートを見ればある程度わかったことが、

ファンダメンタルズ分析に集中してしまったせいで状況を見落とし、損失を出してしまう可能性もあります。

 

もうひとつのデメリットは、ファンダメンタルズ分析は長期投資になることが多く、

利益を上げるには時間がかかるということです

 

一日でも早く利益を上げようと思っている場合には、なかなか難しいです。

 

ファンダメンタルズ分析が向いているのはこんな人

テクニカル分析のように精神力が求められるものと違い、

じっくり構えて投資をすることが好きな人に向いています。

 

特に、一度購入した後も何年も待つことが可能な人は、ファンダメンタルズ分析がいいのではないでしょうか。

また、何度も売買をすることが少ないので、時間のない会社員などにもおすすめです。

 

どちらがより投資の際に使えるか?

テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も、

どちらか一方に頼りすぎると、思っている以上の成果を残すことは難しいでしょう。

 

例えばテクニカル分析だけに頼ると、赤字続きの倒産寸前、

もしくは上場廃止の可能性の高い企業に投資をしてしまう可能性があります。

 

また、それぞれにはふさわしい投資スタイルがあります。

テクニカル分析なら短期トレード、

ファンダメンタルズ分析なら長期投資に活用するのが、より適切な使い方だと言えます。

 

どちらがより優れた分析なのかと言えば、

それぞれメリット・デメリットがあるので決めることはできない

というのが結論です。特徴を理解したうえで、

 

メリットを活かし、デメリットを補いながら活用するのが得策ではないでしょうか。