オシレーター系の記事で最もポピュラーな指標であるRSIについて解説していきます。

RSIってなに?

オシレーターとは英語で「振り子」を意味し、

「上か下、一方向に行き過ぎた動きはやがて修正される」という考え方に基づいています。

そのため、相場が買われすぎ・売られ過ぎの過熱状態になったあと、

逆向きの方向に転じる瞬間をとらえて、逆張りやトレンド転換を狙うのが基本戦略になります。

RSIの計算式は、

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

前日の終値に比べて当日の終値が高ければ(つまり、

当日のローソク足が陽線なら)値上がり幅、低ければ(ローソク足が陰線なら)値下がり幅にカウントします。

為替レートが値動きした「値幅」に注目し、そのなかに占める上昇の割合を求めることで、

買いが強いのか、売りが強いのかを判断する指標です。

判断の根拠が値幅=上昇や下降の幅を基準にしている点が、

為替レートそのものに注目した移動平均線などとは異なる点です。

そのため、「相場の振幅=相場の勢い」をすばやく察知できます。

RSIの一番ポピュラーな使い方は、

RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り

RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買い

 

というものです。

しかし、上昇、下降を問わず、強いトレンドがある相場では、

RSIが100%や0%近辺にぺったりと張りついてしまい、使いものにならなくなります。

※RSIは単独で使わず、かならず移動平均線などと併用して使うようにしましょう。

上の「ユーロ/円」の日足チャートを見てもらえばわかるように、

一定のレンジでボックス相場が続いているときの的中率は高いものの、

上や下に強いトレンドが出ると、RSIが「売られ過ぎ→買いシグナル」を出していても、

為替レートの下落が続いてダマシに終わるケースも多発します。

そのため、RSIは単独で使うのではなく、

トレンド系のテクニカル指標とかならずセットで使うべきです。

さらに、「70%以上なら買われ過ぎ」「30%以上なら売られ過ぎ」と

単純に判断するのではなく、

「70%以上の買われ過ぎゾーンからRSIが失速下落した瞬間」

「30%以下の売られ過ぎゾーンから反転上昇が始まった瞬間」をとらえる売買を心がける必要があります。

短期売買では、

どのような時間帯に使うかも重要です。

ロンドン市場が始まる午後4~5時以降や、

アメリカで経済指標が発表されてNY株式市場がオープンする午後9~12時といった時間帯は、

強いトレンドが発生する順張りタイムです。

こういったとき、逆張り指標といえるRSIは使い勝手が悪くなります。

反対に、欧米が深夜になる午前9時~午後3時ぐらいにかけての日本市場は、

相場が横ばいで推移することが多い時間帯です。

落ち着きのあるレンジ相場で、

為替レートの細かい上下動をこつこつ利益にしていくのに

打ってつけの指標がRSIといえます。

 

「RSIは逆張り指標」とよくいわれますが、

強いトレンドに歯向かって逆張りしても絶対に勝てません。

 

逆張りが効果を発揮するのは、

これまで続いてきたトレンドが弱まって、

逆方向に転換しそうなとき以外ありません。

そう考えると、逆張りというのは、

トレンドに逆らった取引をするという意味ではけっしてなく、

トレンドが転換しそうな瞬間を狙った取引ということができます。

トレンドが転換した瞬間を狙うわけですから、

新しく生まれたトレンドの初期段階にいち早く乗ることができます。

トレンド転換はハズれることも多いので、

勝率が悪くても勝てるように、損失を最小に抑える必要があるのです。

ですので、移動平均線の傾きなど、

トレンド系指標で相場のトレンドが強いか弱いかを判断し、

横ばい相場やゆるやかなトレンド相場のときに限って、

RSIを売買シグナルに使うと的中率がアップします。

RSIは単独ではなく、組み合わせてつかべきチャートですが、

その相手としては移動平均線のほかに、ボリンジャーバンドも有効です。

RSIは値幅、ボリンジャーバンドは標準偏差値という、

まったく違ったアプローチで、相場の行き過ぎを察知します。

RSIは単独でも一定の効果は得られますが、

やはり移動平均線やボリンジャーバンドとの組み合わせで、最大の能力を発揮します。

投資に関わる多くのトレーダーが参考にしている指標です。

そのため、相場の動きも予想しやすくなりますので、

ぜひRSIもトレードに活用してみてください。